COPYRIGHT
JSPAは音楽家の地位向上、音楽作品の権利保護に取り組んでいます。


「デジタル時代の音楽と権利」

顧問弁護士 神谷信行さんより寄稿いただきました


 作詞、作曲、編曲をすれば「著作権」が生じます。

 著作権が生じると、そ の曲の録音や出版について曲を作った人の許諾が必要になりますし、曲を 使用するときに作者の氏名を表示したり 原曲の本質的部分を改変してはな らない制限(同一性保持)をうけるなど、著作権は相当手厚く 保護されて います。
 また、ピアノやギターなどの楽器を弾いて曲を演奏した人には「著作隣 接権」という権利が生じ ます。
 演奏家は自分の演奏を録音したり録音物 をレンタルしようとする相手に許諾を与える権利を持ちます。
 このほかに も、演奏家は販売されているCDがレンタルされたり、放送局で使用された とき、その報酬 を受ける権利を持っています。
 デジタル時代を迎え、コンピュータを使って作曲、編曲することも多く なってきました、 このような場合でも作品について著作権が生じます。 また、コンピュータに演奏データを入力し、シンセサイザーを自動演奏で きるようにした場合でも 「演奏」と認められ、シンセサイザープログラマ ーも著作隣接権を得ます。
 さらに、自動演奏のプログラムだけでなく、シンセサイザーの音色を合成 して作りだしたとき、その音色 に創造性があり独自の価値が認められるよ うな場合には、その音色を合成した人に著作隣接権を認めるのが 実務の取 り扱いです。
 このような作品、自動演奏データ、音色は0と1の信号でデジタル化され、 瞬時にオリジナルと同じグレードのコピーを作ることが可能なので、デジ タル時代に入った現在、著作権や著作隣接権の保護が真剣に考慮されなく てはなりません。
 その一つの方法として、デジタルオーディオテープレコーダー(DAT)やミ ニディスク(MD)など、デジタル方式で録音する機材のハードとテープ、 他の記憶媒体の価格に権利者への補償金を含ませ、これを権利者に分配する 制度がスタートしています(私的録音補償金制度)。
 この他、マルチメディアを使って、他人の作った曲や演奏、音色を複製し たり、これらの先行的な業績をベースに自分のコンピュータを使って改変 することが、容易にできるようになっています。
 エレキベースやドラムスのパターンのソフトで改変自由と銘打って販売さ れているものがあります。
 このように「改変自由」とされている物以外からの取り込みや改作をされ た場合、現行の著作権法では十分な対応ができるか問題があり、 この対策 がマルチメディアに関する著作権法改正の重要なテーマの一つとなってい ます。
 当会ではデジタル時代の音楽に関する権利を研究し、あるべき制度を提言 したり、学校でこれらの権利を 子どもたちに教えていくなど、地道な活動 を続けています。

日本シンセサイザープログラマー協会 顧問弁護士  神谷信行




What's JSPANewsMenbersLibraryCommunicationJSPA-Link