JSPA入会案内


JSPAでは、私たちの理念、活動に賛同して戴ける正会員、団体会員、準会員を随時募集しております。

一般社団法人 日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ(JSPA)

入会のご案内

JSPA では、私たちの理念や活動に賛同し、電子楽器やコンピューターを活用した音 楽制作の普及や発展のために共に活動していただける正会員・団体会員を随時募 集しています。
入会に当たって、特別な条件や資格などはありません。電子楽器やコンピューター を活用した音楽制作にご関心のある方なら、どなたでも歓迎いたします。
シンセサイザープログラマー、作曲家、サウンドエンジニア、音楽講師、音楽クリ エイター、DJ、ボカロP、会社員、自由業、学生など、音楽制作に職業として関わっ ている方から趣味としている方まで、幅広い皆様のご入会をお待ちしております。
また、楽器メーカー、音楽ソフト制作会社、輸入代理店、音楽専門学校など、音楽 制作関連企業の皆様には、団体会員への入会をお待ちしております。

JSPA の活動内容

JSPA は、電子楽器やコンピューターを活用した音楽制作の普及やミュージッククリ エイターの育成をはじめとするさまざまな活動を通して社会に貢献しています。
その活動には、“音楽を楽しみ、創る、全ての人の祭典”として2002 年より毎年実 施してきた「シンセサイザーフェスタ」、JCAA(一般社団法人 日本作編曲家協会)と 共催のオープンゼミナール「大音学会」、AMEI(一般社団法人 音楽電子事業協会)主 催のMIDI 検定試験に対するガイドブックの執筆と試験問題の作成及び採点、ミュー ジッククリエイター育成のためのセミナーの実施、音楽制作関連ツールの機能や技 術の研究と提案、音楽作品や音楽文化を守る著作権・著作隣接権の普及啓発活動な ど、さまざまなものがあります。

社会に貢献する喜びを感じる

JSPA には、108 名の正会員と9 社の団体会員が所属しています(2016 年8 月現在)。 これらの会員の多くは事業部・委員会に所属し、イベントの企画・運営をはじめ、 ガイドブックの執筆や音楽制作ツールの技術検証といったJSPA の活動をボランティ ア精神で支えています。そして、JSPA の活動に関わることによって、ここでしか経 験できない貴重な体験と幅広い人脈、最先端の知識や情報を得て、活動の幅を大き く広げています。また、JSPA の公益的な活動を通して、ボランティア精神で社会に 貢献する喜びを感じています。

会員は任意の委員会に所属でき、委員会を通して興味や想いを実現する活動が可能 となります。さらに、既存の委員会で実現できないことについては、誰もが新規に 委員会を企画し、理事会の承認を経て活動をスタートすることもできます。一人一 人の興味や想いを形にし、実現することができできる場所、それがJSPA です。

さあ、あなたもJSPA に入会して、想いを実現するとともに社会に貢献する活動をスタートさせませんか

■会員構成と会費、会員特典

会員には、正会員、団体会員、準会員の種別があります。

■(1)正会員

正会員は、JSPA の活動に賛同して入会した個人で構成されます。
総会の議決権が与えられ、事業部や委員会に所属してJSPA の活動を担うことができます。

入会金:6,480 円(税込)、年会費:25,920 円(税込)

会員特典:
1.事業部や委員会に所属してJSPA の活動を担うことができます。新たな委員会を企 画・運営することもできます。
2.総会において議決権が付与されます。
3.著作隣接権分配について案内します。
4.会報を定期配布します。
5.リーガルエイドとして、当会顧問弁護士への相談料の一部を助成します。
6.セミナーやイベントなどに会員価格で参加できます。
7.Facebook の「JSPA Member」への登録が可能です。
8.会員交流会へ参加できます。
9.その他、当会著作物配布、団体会員製品案内、JSPA ドメインのメールアドレス発 行などの特典があります。

(2)団体会員

団体会員は、JSPA の事業に賛同して入会した団体で構成されます。
総会の議決権が与えられ、事業部や委員会に所属してJSPA の活動を担うことができます。

年会費:一口54,000 円(税込)(何口でも)

会員特典:
1.事業部や委員会に所属してJSPA の活動を担うことができます。新たな委員会を企 画・運営することもできます。
2.総会において議決権が付与されます。
3.会報を定期配布します。
4.セミナーやイベントなどに会員価格で参加できます。
5.会員交流会へ参加できます。
6.シンセサイザーフェスタなどのイベントに会員価格で参加出展できます。 7.会報や公式ホームページにてインフォメーションを掲載できます。

(3)準会員

準会員は、JSPA の事業に賛同して入会した一般個人や学生で構成されます。
セミナーやイベント、交流会など、JSPA が実施するさまざまな活動に参加すること ができます。

※準会員は、総会の議決権はなく、事業部や委員会に所属することはできません。

入会金:1,080 円、年会費:5,400 円

会員特典:
1.会報を定期配布します。
2.セミナーやイベントなどに会員価格で参加できます。
3.Facebook の「JSPA Member」への登録が可能です。
4.会員交流会へ参加できます。

 


 

■入会方法

入会方法は会員種別によって異なります。

(1)正会員・団体会員

  1. 入会規定への承認をお願いします。
  2. 入会申込書に必要事項を記入・押印し、事務局まで送付してください。
    入会申込書は、下記URLからダウンロードできます。

    JSPA 入会申込書 http://www.jspa.gr.jp/pdf/join/index.html

    入会申込書送付先
    〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-28-1 日本橋浜町ビル7階 ㈱ミュージックエアポート内
    一般社団法人 日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ 事務局

    ※入会申込書の郵送をご希望の方は、事務局まで電話又はメールにてご連絡ください。

    一般社団法人 日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ 事務局
    e-mail:mail@jspa.gr.jp、TEL:03-3527-3456

  3. 入会申込書の受付が完了するまで2~3 週間ほどお待ち下さい。
  4. 入会申込書の受付が完了したら、入会金と年会費(団体会員は年会費のみ)の お振込についてご案内するメールをお送りします。
  5. 入金確認後、1 週間程度で会員証をお送りします。
    ※入金確認時点において入会したものといたします。

(2)準会員

JSPA 準会員公式サイトにて申込手続を行ってください。
詳細はJSPA 準会員公式サイトに記載されています。

JSPA準会員公式サイト
http://www.jspa.gr.jp/sm/

 


 

入会規定

一般社団法人 日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ(JSPA)

1.当会には、定款第3 条の目的と同4 条の事業活動に賛同すれば原則として どなたでも入会できます。

【定款より抜粋】
————————————————————
(目的)
第3 条 この法人は、電子楽器に関する研究を行い、音楽の発展、普及に寄与する ことを目的とする。
(事業) 第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 電子楽器とコンピュータの音楽活用を研究し、その成果を公演・広報等を通 じ普及推進する活動。
(2) MIDI 検定のガイドブック制作、問題作成、試験等を通じ、電子音楽学習を普 及推進する活動。
(3) 電子楽器に関わる音楽指導者講座、一般対象講座、コンテスト等を通し音楽 を普及推進する活動。
(4) 著作権・著作隣接権の擁護、普及活動を通して、音楽文化の発展に寄与する 活動。
(5) 音楽に関わる他団体の活動に協力し、会員同士の親睦を図る活動。
2 前項の事業は日本全国と海外において行うものとする。

————————————————————

2.当会の会員になると、定款第8 条の規定によって毎年会費を支払う義務を負います。

【定款より抜粋】
————————————————————
(経費の負担) 第8 条  この法人の事業活動に経常的に生じる費用に当てるため、社員になった時 及び毎年、社員は、社員総会の時期(新年度)において別に定める額(会費)を支 払う義務を負う。

————————————————————

3.定款第9 条の規定によっていつでも退会することができます。

【定款より抜粋】
————————————————————
(任意退社)
第9 条  社員は、理事会において別に定める退社届を提出することにより、任意に いつでも退社することができる。

————————————————————

4.定款第10 条の規定によって除名される場合があります。

【定款より抜粋】
————————————————————
(除名) 第10 条 社員が次のいずれかに該当するに至ったときは、社員総会の決議によって 当該社員を除名することができる。
(1)この定款その他の規則に違反したとき。
(2)この法人の名誉を著しく傷つけ、目的に反する行為をしたとき。 (3)その他除名すべき正当な理由があるとき。

————————————————————

5.定款第11 条の規定によって会員資格を喪失する場合があります。

【定款より抜粋】
————————————————————
(社員資格の喪失) 第11 条 前2条の場合のほか、社員は、次のいずれかに該当するに至ったときは、 その資格を喪失する。
(1)第8条の支払い義務を2年以上履行しなかったとき。
(2)総社員が同意したとき。
(3)当該社員が死亡したとき。

————————————————————

 

■お問い合わせ先
一般社団法人日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-28-1 日本橋浜町ビル7階
(株式会社ミュージックエアポート内)
TEL 03-3527-3456 / FAX 03-3527-3457
E-mail: mail@jspa.gr.jp

コメントは受け付けていません。