2月04日(日) | Red Bull Studios Tokyo

シンセの大学就活編 Vol.1

「シンセの大学~就活編~」の第1回は、シンセサイザー・プログラマー、ライブ・マニピュレーターとして、今最も忙しい男—毛利泰士さんを取り上げたいと思います! 彼がどうやってシンセサイザーによる音楽制作を始め、プロになり、出会いがあり、挫折があり、そして今があるのか。 そして、彼が今聞いてほしいDAWファイルは、どんな曲でしょうか。 ぜひ、レッドブルスタジオ東京・5Fホールに遊びに来てください!
受付停止

日時・場所

2018年2月04日 16:00
Red Bull Studios Tokyo, 〒150-0002, 1丁目-3-3 渋谷 渋谷区 東京都 150-0002 日本

イベントについて

今年の「シンセの大学」は、新しいシリーズを始めます。

題して「シンセの大学~就活編~」!

いったい現在の音楽業界の中には、シンセやDAWを使ってできる「仕事」はどれだけあるのだろう?

たとえばシンセサイザー・プログラマー、ライブ・マニピュレーター、あるいはプロデューサー/アレンジャー、

もしくはゲーム音楽制作、アニソン作家、映像音楽作曲家…etc.etc.

これらのジャンルに携わる代表的なクリエイターの方をお呼びし、

どうやってその職業に就きどうやってブレイクしたのかを、じっくりとお聞きします。

もちろん「シンセの大学」恒例の、ゲスト持参のDAWファイル公開解析もあります!

というわけで、「シンセの大学~就活編~」の第1回は、

やはりJSPAとしては、シンセサイザー・プログラマー、ライブ・マニピュレーターとして、

今最も忙しい男—毛利泰士さんを取り上げたいと思います!

毛利さんは、現在槇原敬之さんや星野源さんのレコーディングに、プログラマーとして関わりながら、

アニメロサマーライブなどのライブ・マニピュレーターも勤め、

また森山光一さんと立ち上げたレーベル「Zelig works」の共同オーナーでもあります。

彼がどうやってシンセサイザーによる音楽制作を始め、プロになり、

出会いがあり、挫折があり、そして今があるのか。

そして、彼が今聞いてほしいDAWファイルは、どんな曲でしょうか。

ぜひ、レッドブルスタジオ東京・5Fホールに遊びに来てください!

受付停止

このイベントをシェア