• 上杉尚史

2020_0911

こんにちは、上杉です。

今日のコラムはMIDIの話しをしたいと思います。


最近MIDIチャンネルって意識しますか?

DAW&ソフトシンセを使用しているとMIDIチャンネルって使わないですよね?

「えっ、MIDIチャンネルってまだ存在するんですか???」なんて人もいたりして・・・


私は現在でも割とMIDIチャンネルを使います。

何に使っているのかと言うと、ギターやベースの弦分けです。

最近はやらないですけど、昔はギターの打ち込みをギターシンセでやっていたので、1弦は1Ch、2弦は2Ch・・・といった具合に弦ごとにMIDIチャンネルを分けて入力してあげると、1弦開放のEの音と2弦5フレットのEの音を分けられるんですね。

その流れで現在でもギターの打ち込みはチャンネル分けして入力しています。

こうしておくとギターのタブ譜を作成するときに正確にポジションを表示してくれます。特にCubaseやLogic等、一つのトラックに複数のMIDIチャンネルのノートデータを持てるDAWでは、タブ譜の制作が非常に楽です。

ちなみにこの機能は、合唱の譜面の声部分けや、ストリングスの声部分けなんかにも応用できるので割と使います。

でも、音源によっては弦とチャンネルの関係がギタリストにとって「え!!」ってものあったりします(笑)


先日もIlya のナイロンGuitar音源を買ったのですが、初期設定だと6弦から1弦に向かって1チャンネル~6チャンネルが割り振られていて、ノートにチャンネルを割り振る際に、

「えーっと、3弦だから4チャンネルで・・・この音は2弦だから5チャンネルで・・・うーん5弦だから2チャンネルで・・・あーっもうやだ~」となりました。

さっさと設定変えろよ・・・って事なんですけど、弦とチャンネルの設定を変えるのと、

ノートにMIDIチャンネルを割り振るショートカットの設定を変えるのとどっちが早いか・・・という選択に迫られ、結局ショートカットの方を変えてしまいました。

(現在は音源の方の設定を変えてnkiを保存しましたけど・・・バージョンアップとかすると元に戻っちゃったりすることもあるので、どちらが良いのやら・・・)


現在のDAW制作でもこのチャンネル設定ってのは意外と便利なんですが、最近発表されているMIDI2.0ではこのあたりも結構改善されています。

MIDIチャンネル以外に、ノートデータ毎にアトリビュートというデータを持つことができるので、同じチャンネルの同じC3のノートデータでもアトリビュート違いで様々な変化をもたらすことができるようです。

例えば、少しフィルターのかかった音にするとか、違うサンプルを使うとか・・・・

アトリビュートの深さというかデータ値というか、ノートでいうところのベロシティーに相当するパラメーターもあるので、かなり複雑なことができそうです。

この他にもノート毎にピッチベンドかけたりもできるので、いよいよMIDIチャンネルによるデータの指定がいらなくなってしまうのでは????


いろいろなことができるようになるのは良いことなんですが、せっかく作ったDAWのMIDIデータを楽譜やらなにやらで再利用できるように、MIDIチャンネルや上記のアトリビュートなどの使い方について業界標準的な使い方が求められるのかもしれないですね。


MIDI2.0の話しが出てきたので、次回あたりからMIDI2.0関連のコラムを書いてみようかなぁ・・・と思った今日この頃でした。ではまた次回!


JSPA理事:上杉 尚史

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020_1120

【オシレータを持たないシンセサイザー】 こんにちは、JSPA理事の渡部です。 今日は題名の通り、「オシレータを持たないシンセサイザー」についてコラムを書いていこうと思います。 「シンセにはオシレータが付いてるでしょ?」そう思うはずです。 まずはその前に、外部入力可能なシンセについて記載しておきましょう。 miniI MoogやMS-20などは外の音を入力し、フィルターやエンベロープで加工して出力す

2020_1106

監事の角谷です。 今回は現場でのトラブルについて書こうと思います。 30数年前アルバイトでTOPと云う会社に入り社長の藤井丈司さんの機材のトランポをしていました。 何かトラブルがある度、先輩の桐島さんが仰っていた言葉を思い出します。 「俺たちトラブルバスターズだから!」 シンセやエフェクター、ミキサー、PC等なんでも、ノイズが乗る、片Ch.出ない、電源が入らない等なんでも、とりあえず現場で出来るこ

2020_1030

こんにちは、上杉です。 先月に続きましてMIDIのお話しをしたいと思います。 ネットなどでは噂されている「MIDI2.0」。 なんだか凄いらしいとは聞くけど、まったく全貌がわからず・・・というかたも多いのではないでしょうか? それもそのはず、「MIDI2.0」に対応した製品が一般に出回っていないからなのです。 もちろん、「MIDI2.0 Ready」としていつでも対応可能ですよ!!! なんて製