• 角谷仁宣

2020_0918

角谷です。

シンセサイザープログラマーと云う仕事を始めてから30年以上過ぎました。

私の使用機材等の変遷に付いて書いてみます。

最初の機材は

Mac SE、Vision、S-1000、T1、M1R、D-550、TX-802、VFX、Prophet-5

でした。

全部まとめるとハイエースが満杯になりました。毎日引っ越ししているような状態で、1日2セッションとかあるとヘトヘトでした。


MacがColor Classicになった頃パソコンでオーディオが扱える様になりました。

インターフェイスはProToolsの前身のSound Tools、Visionもオーディオに対応してStudio Visionになりました。

それまではオーディオの扱いはS-1000頼りでしたが長尺のファイルが扱えるようになって大分助かりました。


MacがFxになるとオーディオの扱いが容易になりましたがStudio Vision のオーディオ機能では間に合わなくなりMidiはStudio Vision、オーディオはPro Toolsアプリを一台のMacの中で同期させて使っていました。一日中画面と睨めっこで行ったり来たりの目紛しい日々でした。

この頃までPCはシンセ屋の領域でしたので爆弾マークが出た時やハードディスクがトラブった時などは孤独な戦いでした。


現在はPro Toolsはエンジニアの受け持ちに変わりPCがハングした時などはお互いに慰め合えて少し嬉しいです。

ここまでシンセ関連は何台か入れ替わったりグレードアップしたりしていますが相変わらず引っ越し状態です。

恐らく2000年頃にソフトウェアサンプラーが登場して使い出しました。

Giga Samplarも出て来てサンプルの生々しさに思わずWindows PCごと購入してしまいました。


そしてソフトシンセもついに登場!KOBLO VIBRA大好き!

Studio Visionが消滅し替わりのシーケンサーをどうするか最初はNotator Logicを使ってみましたが、どうも馴染めずアルバム一枚Digital Performerを使ってみたこともありました。

やっぱりデジパフォにも馴染めずCubaseとかも調べたのですが進化したLogicに戻り今に至ります。

その頃からのソフトシンセの進化は凄まじくAkai、Emuのサンプルライブラリは全部EXS24に取り込みサンプラーは持ち歩かなくなりました。


Moog、Prophet、Oberheim等また触ったことも無いようなレアなアナログシンセのエミュレーターもどんどん登場しさらに進化し続けております。

オーケストラ音源も Vienna Symphonic Library等生々しいものが登場、M1、D50等もソフトシンセに移植され完全にハードシンセを持ち歩かなくなりました。


機材の総重量は1/5でライブラリのバリエーションは数倍に増えていると思います。

一つ一つのシンセのライブラリが数百、下手したら数千あるので、まとまった時間がある時に聴きまくって使えそうな音色をチェックしています。


現在の機材はiMac+HD、Fireface UFX+、Emu xBoard49、Midi Timepeace、電源モジュールかなりフットワークが軽くなりました。

(メーカー名省略させて頂きました。)


JSPA監事: 角谷 仁宣

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020_1120

【オシレータを持たないシンセサイザー】 こんにちは、JSPA理事の渡部です。 今日は題名の通り、「オシレータを持たないシンセサイザー」についてコラムを書いていこうと思います。 「シンセにはオシレータが付いてるでしょ?」そう思うはずです。 まずはその前に、外部入力可能なシンセについて記載しておきましょう。 miniI MoogやMS-20などは外の音を入力し、フィルターやエンベロープで加工して出力す

2020_1106

監事の角谷です。 今回は現場でのトラブルについて書こうと思います。 30数年前アルバイトでTOPと云う会社に入り社長の藤井丈司さんの機材のトランポをしていました。 何かトラブルがある度、先輩の桐島さんが仰っていた言葉を思い出します。 「俺たちトラブルバスターズだから!」 シンセやエフェクター、ミキサー、PC等なんでも、ノイズが乗る、片Ch.出ない、電源が入らない等なんでも、とりあえず現場で出来るこ

2020_1009

JSPA事務局次長の天野です。 Prophet-5がVer.4として復活するということで、盛大にレビューを!といきたいところですが、自分のにわか知識では恐れ多いのでそれは皆様にお任せするとします(笑) 次回のオンライン飲み会ではそのあたりの話も出るかな?と思っておりますが、今回はそのオンライン飲み会の様子を少しお届けできればと思います。 毎月最終週の土曜開催が基本で、6月から過去4回行われました。