• 天野 翔

2020_1009

JSPA事務局次長の天野です。


Prophet-5がVer.4として復活するということで、盛大にレビューを!といきたいところですが、自分のにわか知識では恐れ多いのでそれは皆様にお任せするとします(笑)

次回のオンライン飲み会ではそのあたりの話も出るかな?と思っておりますが、今回はそのオンライン飲み会の様子を少しお届けできればと思います。


毎月最終週の土曜開催が基本で、6月から過去4回行われました。

「所有している好きなシンセ」「好きなDAW」といった会話お題が事前に告知され、お申し込みいただいた方にはZOOMのURLが送られて、カメラありでご参加いただくような流れです。

前回はカレーとシンセのお店を計画中のサルタナさんをゲストでお迎えし、また少しいつもと違った雰囲気になったかなと思います。


概ねどの回も10名〜15名ほどの参加人数で、開始時間あたりからゆるっとログイン人数が増えていくような感じで、大変のんびりとした流れになっています。

ある程度揃ったところで開会のご挨拶、ちょっとした自己紹介があり、その後お題についての会話スタート。

お一人ずつお題について聞くときもあれば、話の流れで全員まとめて話していくような時もあり、回によって色々あります。


ある程度話したら個別のグループに分かれて少人数でトーク。

戻る時間を設定しておき、時間が来たら戻り、あとは流れで開始から2時間ほど経過したところで一区切り。

残る人は残り、ゆるっと解散していくような感じです。


過去ご参加頂いた方はJSPA理事をはじめ、仙台の方や沖縄の方、アナログシンセがっつりお持ちの方、電子系に強い方から、最近シンセを勉強中の女性などなど。

会員、準会員入り混じっています。自分はDAWやソフトシンセを触る機会の方が多いので、アナログシンセ系のお話など勉強になることも多いです。酔っ払っていはいますが(笑)


オフラインだとお隣さんと込み入った話をじっくり出来たり、自然と3、4人くらいで話したり出来たりしますが、オンラインだと基本全員に向かって話さなければならないのが一つ難しいところではあると思います。

ZOOM飲み会では個別のグループ会話ということができるので、それが近い感じにはなるのかもしれません。


実際グループでDAW話をした時に、フリーウェアの「cherry」から入ったのが初めという話をしたら、一緒の方がいらっしゃいましてプチ盛り上がりして、ちょっとオフライン的雰囲気が出た気がしました。毎度参加していますが、何回か参加して初めて話せることもあったりするのはオンライン・オフラインに関わらず面白いところです。あと遠方の方とも飲みつつ話せるのはオンラインでの大きな利点ですね。


問題点としては、自宅だとお店の雰囲気はないので、宅飲み感よりお店感がお好きな方にはどうしても難しいのかなと思います。

あとはお店で色んな席に足を運んで話されることがお好きな方には、それに合うようなシステムが導入されないと難しいかもしれません。

(現状グループではホストしか出入り出来なさそうなので)

将来的にはお店もオンラインも、どちらも行なっていく流れになるのかなと思います。


だいたいオンライン飲み会は現状こんな感じですが、ご参加の方も色々で、途中からぽろっと来てある程度で退出といった方もいらっしゃったり、がっつりの方もいらっしゃったりと結構ゆるくやっております。終電を気にする必要もなく、終わったらすぐ寝ることも可能だと思いますので、参加に迷っている方いらっしゃいましたら、是非お気軽に参加していただけたら幸いです。


JSPA事務局: 天野 翔

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020_1113

こんにちは、JSPA理事浅田祐介です。 ということで今回の「嗚呼、俺のポチり道」ですが巷はブラックフライデーセール真っ只中ですが、皆さん財布の紐は緩んでいるでしょうか? 先日こちらのコラムでご紹介させていただいだToonTrackのEZbassですが、縁があってSONICWIRE様で先日ウエビナーをさせていただき、改めてよくできている音源だなぁと感じました。 そういえば前回のEZbassの紹介のタ

2020_1106

監事の角谷です。 今回は現場でのトラブルについて書こうと思います。 30数年前アルバイトでTOPと云う会社に入り社長の藤井丈司さんの機材のトランポをしていました。 何かトラブルがある度、先輩の桐島さんが仰っていた言葉を思い出します。 「俺たちトラブルバスターズだから!」 シンセやエフェクター、ミキサー、PC等なんでも、ノイズが乗る、片Ch.出ない、電源が入らない等なんでも、とりあえず現場で出来るこ

2020_1002

【蘇ったWavetable音源】 こんにちは!JSPA理事の渡部でございます。 今回はタイトルにあります音源のご紹介で執筆させていただきます。 「Wavetable音源」「Wavetable合成方式」 皆様の中でもご存知、聞いたことがある方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。 それではなぜ「蘇った」のか? あらためてWabetable音源の解説をしていきましょう。(PPG Waveを参照) 1