• 上杉尚史

2020_1030

こんにちは、上杉です。 先月に続きましてMIDIのお話しをしたいと思います。 ネットなどでは噂されている「MIDI2.0」。 なんだか凄いらしいとは聞くけど、まったく全貌がわからず・・・というかたも多いのではないでしょうか? それもそのはず、「MIDI2.0」に対応した製品が一般に出回っていないからなのです。 もちろん、「MIDI2.0 Ready」としていつでも対応可能ですよ!!! なんて製品もあるのですが、まだまだこれからというのが現状です。 とはいえ、「MIDI2.0」規格の発表はされており、メーカー各社も様々な開発をしているというのも事実でして、来年ぐらいからは対応製品が増えてくるのではないでしょうか? 今日は「MIDI2.0」と「MIDI1.0」との違い(その1)について話したいと思います。 若干専門的な話も出てきますが我慢して下さい。 まず「MIDI2.0」の概要ですが、日本でMIDIを管理する団体「音楽電子事業協会(通称AMEI)」のWEBからの抜粋では、 ~(冒頭略)MIDI 2.0規格は現行のMIDI 1.0規格の置き換えでは無く、MIDI 1.0機器との共存・共生を基に、さらに拡がっていくMIDIの世界を創るための規格である。 この世界を実現するために、MIDI 2.0規格は双方向通信による問い合わせの機構(MIDI機器間ネゴシエーションと呼ばれる)を前提に設計されている。 MIDI 2.0規格で追加される新しい機能は、規格書「MIDI機器間ネゴシエーション」によって定義されている。 双方向に接続されたMIDI機器間で互いに利用できる機能を問い合わせの上で実行する。 もし、接続先の機器が新しい機能に対応していなければ、その機能についてはMIDI 1.0の範囲で動作する。 このようにMIDI機器間ネゴシエーションを必須とすることで、MIDI 2.0規格はMIDI 1.0機器との後方互換性を担保している。~ と記載されており、この中でポイントとなるのは双方向通信とMIDI 1.0機器との後方互換性という部分です。 「MIDI1.0」ではMIDI OUTから鍵盤情報などを出力し、MIDI INで受け取るという方式ですが、「ちゃんと受け取りました・・・」ってメッセージは返さないことになっており、送った方は。 「ボールは投げたよ~、受け取ってね~、え、エラーしたの?そんなの知らん!下手くそ!!」 みたいな仕様でした。 これが2.0になると、 「メール送りました!受け取りましたら返信お願いいたします。」 「はい、確かに届いております、引き続きよろしくお願いいたします。」 的なやりとりとなります。 もちろんノート情報1音ずつに確認を入れるわけでは無く、お友達申請のように事前に「ご挨拶」が済めば、送りっぱなしも大丈夫です。 では、「MIDI1.0」の機器に「MIDI2.0」の機器を繋ぐとどうなるのでしょうか? 今後出てくる「MIDI2.0」機器は基本的に「MIDI1.0」の仕様を内包しているので、「MIDI2.0」機器が「MIDI1.0」機器としてやりとりを行います。 ただ、「MIDI2.0」機器特有の機能(例えばベロシティーの高解像度化)もあるので、これらを活かすには「MIDI2.0」機器同士でやりとりする必要があります。 実は「MIDI2.0」の前に「MIDI-CI(Capability Inquiry)」というのがあり、これを使って相手が「MIDI2.0」対応なのか否かを判断します。 「MIDI-CI」は従来のMIDI規格の中にある「ユニバーサルシステムエクスクルーシブ」というメッセージを使用します。 例えばA機器とB機器をUSBで接続して従来のMIDI通信ができる状態にあったとして、A機器からMIDI-CIを使って「おたく、MIDI2.0いけます???」とメッセージを送ると、

「イケまっせ!」と返してくるイメージです。 このやりとりが終わると、次から「MIDI2.0」でのやりとりが始まります。 もし、既読スルー状態のときはそのまま1.0で通信することになります。(もちろん「ダメですー」ってレスポンスが返る場合もあります) しかし、「MIDI2.0」になったからと言って、すべての「MIDI2.0」機能にすべての機器が対応できるかというとそうではありません。 もともと「MIDI-CI」は相手機器がどのようなメッセージや機能に、どう対応しているのかを照会する機能ですので、数あるMIDI機能のうち一部しか対応していない「MIDI2.0」機器も存在することになります。 ちなみに「MIDI2.0プロトコル」と呼ばれる新しいMIDIの通信手段はUMP(Universal MIDI Packet)というものを使うのですが、この取り決めの中には「MIDI1.0」のメッセージをそのまま格納(8ビットのメッセージのことです)できるように設計されています。 ということは「MIDI2.0プロトコル」を使える「MIDI1.0」の挙動をする「MIDI2.0」機器、という何とも微妙な製品も作れます。 おそらくPCと接続する場合、「MIDI2.0プロトコル」の実現はUSB-MIDIドライバのグレードアップということになると思うので、上記の商品はすぐに出てくるかもしれないですね。 皆さんが「MIDI2.0」の本格的な恩恵を受けるのは、DAWソフトウェアが「MIDI2.0」対応になったときでしょう。 しかし、前回紹介したノートアトリビュートなどは、例えばCubaseではノートエクスプレッション表示に統合できるかもしれないですが、ほかのDAWでは対応する表記がありません。 イベントリストにもどう表示するのかなど、折角機能が増えてもDAWごとに捉え方が変わってしまうと使いにくいですよね? このあたりはメーカー各社頭を悩ましながら日々開発に取り組んでいるようですので、我々はその動向を見守りましょう。 ちょっと長くなりましたが「MIDI2.0」と「MIDI1.0」との違い(その1)について触れました。 次回はもう少し細かいところに入ろうかと思います。

閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【リズムマシン?シンセサイザー?】 こんにちは、理事の渡部でございます。 今日は私が所有している機材についてお話をしていこうと思います。 私は普段、ハードウェア機材を使用して制作をしています。 その中で「リズムマシンでこれは絶対に外せない!」という機材があります。 elektron社製のMACHINEDRUMです。 2001年に発売されたこのリズムマシン、なぜ未だに使っているのか? MACHINE

<映画「稲村ジェーン」のレコーディング現場> サザンオールスターズのデビュー記念日に映画「稲村ジェーン」のDVD、Blu-rayが発売されます。今までLDとVHSで販売されましたがDVD、Blue-ray化はされておらず配信もありませんでした。 監督桑田佳祐、サントラのレコーディングに参加しました。 初めての桑田さんとの仕事でした。 先ずは挿入歌のレコーディング、何曲か既に始まっておりました。 そ

<MIDI〜なぜにUMP?という話> こんにちは、理事の上杉です。 MIDIのお勉強の時間です(笑)。 先月はUMPのお話しをしましたが、今日は一歩戻ってなぜにUMP?という話しをしたいと思います。 元々MIDIはハードウェアのシンセサイザー同士をケーブルで接続して演奏情報をやる取りする規格として登場しました。接続には5pin DINというドイツ工業規格のプラグを持ったケーブルを使用しています。