• 天野 翔

2021_0625

「最初に買ったシンセは?」 事務局の天野です。

先月26日に無事総会も終了し、また新たな1年が始まりました。今月初めに理事会も行われ、今年も色々なアプローチでシンセ関連のイベントや配信などが発信、開催されていくと思います。

是非当メルマガや各社サイトなどチェックしてみてください。


さて、音楽制作まわりの思い出話を少々。

オンライン飲み会で、「最初に買ったシンセは?」といった内容の時がありました。

諸先輩方は70-80年代あたりのプロフェットやDX7などアツいところのシンセが多く、いいなぁといつも思います。


自分はというと、今年38歳になりますが、まず18歳頃購入した「ミュージ郎」というパッケージ商品から音楽制作をスタートしました。

これにはSC-8850と、Singer Song Writer 5.0が入っており、これをCPUがpentiumIII800Mhzのpcで動かしていました。この頃まだMIDIキーボードを持っておらず、ひたすらマウスでの作業でした。


それから貧乏学生生活で機材も増やせず、pcを新調するのがやっとという感じで気づいたら時が進み。。


23歳の頃、ついにMac book pro(中古品、OS X Yosemite)とLogic pro 7を購入し、ようやく制作環境が進化。

この時Logicに導入されていたEXS24やES2、Sculptureあたりがソフトシンセではありますが、初のシンセだったように思います。


面白がって手探りでLogicを触っていましたが、ある時、中古品であるMacが牙を剥いてきました。

使用して1、2年頃、いつも通り作業をしていたところ、急に画面が真っ暗に。

あれっと思ってよーくみてみると、うっすら画面が映ってる状態。いわゆる画面のバックライトがお亡くなりになった瞬間でした。

なんとか直せないかとあれこれ検索しましたが、物理的な部分でどうにもならず。。HDMIで画面を出力してなんとか誤魔化していました。


やっぱりpcは新品買わないとダメだな・・・と痛感しました。


そんな中、その2年後バンドを組むようになり、いよいよハードのシンセサイザーを購入するのですが・・・!


また次回!


天野 翔

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

<トラブル回避&「俺のポチり道」> こんにちは、JSPA理事浅田祐介です。 実はこちらのコラム、前回一回飛ばしてしまい申し訳ありませんでした。 一言で言うとまさに「トラブル発生(汗)」。今回は言い訳も含めことの顛末を説明させていただき、皆様にはぜひこういうトラブルを回避していただきたく共有させていただきます(笑)。 うちは作家事務所をやっており、作家がそれぞれ違うDAWを使っているのですが、外部

<映画「稲村ジェーン」のレコーディング現場> サザンオールスターズのデビュー記念日に映画「稲村ジェーン」のDVD、Blu-rayが発売されます。今までLDとVHSで販売されましたがDVD、Blue-ray化はされておらず配信もありませんでした。 監督桑田佳祐、サントラのレコーディングに参加しました。 初めての桑田さんとの仕事でした。 先ずは挿入歌のレコーディング、何曲か既に始まっておりました。 そ

<クリックの話> クリック、ドンカマと呼ばれ、メトロノームの様に主に一定のテンポで鳴らし演奏の縦軸のガイドになる音です。 カウベルやリムショット、電子音等演奏の邪魔にならず且つ目立つ音が使われます。 ドンカマと云うのは、京王技研(現KORG)が’63に発売したリズムマシンのドンカマチックが語源らしいです。当時はこのマシンの音をガイドにしてたのでしょう。 一般にクリックはテンポ曲調に依って、4分、8