© 2019 Japan Synthesizer Professional Arts All rights reserved

Vol.4 : 音楽プロデューサー佐藤純之介さん

テーマ:「純之介先生に聞くアニソンPのお仕事!」
終了しました

シンセやDAWで作られた音楽にまつわるトークイベント「シンセの大学」。
アニソン編のVol.4のゲストはランティスの音楽プロデューサー佐藤純之介さんに決定!
「ひだまりスケッチ」をはじめ、3社合同による一大ムーブメントを作り出した超巨大プロジェクトまで…幾多の作品をも手掛ける純之介さん。
その他「ChouCho」「fhána」「寺島拓篤」「marble」「TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND」など、アーティストの作品にもプロデューサー、エンジニア、ディレクターとして携わっています。
(詳しくはご自身で検索してね)
イベントでは「アニソンのプロデューサーってどんな仕事なの?」といったことから「アニソンが現代の形に辿り着くまで」という深い話もお伺いしちゃいます。
アニソンの歴史をアニソンの神が生解説する贅沢コーナーです。
そして今回は実際にDAWを用いて音源素材をリアルタイムでアレンジプロデュースして頂きます!
89.5secに全力を込めるアニソンPトップランナーの凄技をとくとご覧あれ!
カルカルの食事とお酒を楽しみながら、楽曲制作の裏側を知れる貴重なイベントです!
さらに今回はなんと純之介さんにデモを聴いてレビュー頂くコーナーも予定!
我こそはという方、是非ご投稿ください!
完成度は問いません!ショートなものも、89.5secのものも歓迎です!
【投稿方法】
Gmailへ音声ファイルの投稿となります。
0326.satojun@gmail.com まで
◆件名:デモレビュー希望
◆制作者名:
◆楽曲タイトル:
◆特に聴いて欲しいポイント:
◆その他(歌詞や質問など):
上記を記載の上、m4a,mp3,wavなどの音声ファイルにてご投稿ください。
(ファイルサーバーのURL等でも可)
※ご投稿はイベント来場者限定になります
※なるべく全曲紹介予定ですが、投稿数が多い場合は抽選となりますのでご了承ください
みなさんからの質問コーナーも設ける予定です。
前回に引き続き、藤井丈司さん&小南千明さんのW司会で進行いたします。
純之介さんのファンも、アニソンクリエイターも、アニソンを作ってみたいけど手を出せない人もそうじゃない人も全員集合!
 


日時:2019年3月26日(火)OPEN 18:15    START 19:00

前売りチケットのお申し込みはコチラになります

http://tokyocultureculture.com/event/general/27217

 

【ゲスト】
佐藤純之介(@junnoske_suite)

株式会社バンダイナムコアーツ所属 音楽プロデューサー。 1975年大阪生まれ。YMOに憧れ90年代後期よりテレビや演劇の音楽制作の仕事を始め、2001年に上京。レコーディングエンジニアとしてJ-POPの制作に参加した後に、2006年に株式会社ランティスに入社し今に至る。Fairlight CMIやmoogIIIcを所有するシンセマニアでもある。

 


【司会】
藤井丈司 音楽プロデューサー/JSPA理事 (@fujiitake)

「渋谷音楽図鑑」(共著) の執筆および、慶応大学「現代芸術」講師
プロデュース作品はサザンオールスターズ「KAMAKURA」や布袋寅泰「GUITARHYTHM」 、JUDY AND MARY「クラシック」、広末涼子「マジでkoiする5秒前」、ウルフルズ「明日があるさ」など多岐に渡る。現在は男性3人組ロックバンドBRADIOのプロデューサーとして活躍中。


小南千明 DAW女(ダウジョ)/シンガーソングライター (@c_1115)

DAW(Digital Audio Workstation)を使って作詞/作曲/編曲を行い、ライブ/ネットで発信し注目を集める新世代のシンガーソングライター。
2016年スタートさせた主催イベント『DAW女子会』は、同じようにDAWで音楽を制作す る”DAW女”を集結させたイベントとして評判を呼び、2018年7月で8回目を数える。

「シンセの大学」は2016年秋に、シンセやDAWで作られた音楽について、もっと深く広く楽しく話そうと始めたJSPA(日本シンセサイザープロフェッショナルアーツhttps://www.jspa.gr.jp/)主宰のトークイベントです。

(後援:一般社団法人 MAM http://mamjp.org / ビック・リバー株式会社 http://www.bicriver.co.jp/)