• 渡辺 潤一

2020_0814

【ハードウェアとソフトウェア、音質の違いは??】

こんにちは。JSPA理事の渡部潤一と申します。

今回はタイトルにあります、ハードとソフトの音質の違いについて解説したいと思います。


よく「ハードウェアとソフトウェア、音質が違うよね」

「ハードウェアのほうが鳴りが良いよね」


そんな事を聞いたことはありませんか?


確かにハードとソフト、音質の違いがあるんです。

なぜ違うのか?それは「D/Aコンバータの違い」にあります。


各メーカーによってD/Aコンバータ、つまり「音の出力」は異なってきます。


故に「そのメーカー独特の音」に繋がります。

さらに、時代ごとに出音が変わってきます。


時代別に例えると、90年代初期のRolandやYAMAHA、

もうなくなってしまいましたがensoniq製品などは、

非常にギラギラした音色の鳴りになっています。


故に「音抜けが良い」「存在感がある」などのニュアンスに繋がります。

それ以降のシンセも、上記で解説したD/Aコンバータの質によってサウンドキャラクターは変わってきます。

よって、作曲において各メーカーのシンセやサンプラーを組み合わせること事により、

オケの音質はよりバラエティ豊かになります。


では、ソフト音源はどうか?

複数のソフト音源を立ち上げて楽曲を作る場合も、音の出口はオーディオインターフェース一択になります。

つまり、オーディオインターフェイスのD/Aコンバータの質によって音質は変わってきます。


ソフト音源の音色のバリエーション、特に生モノの豊かさは、ハードウェアのシンセよりも豊かですよね?


ハードウェア独自の音質と、それを録り込んだDAWの処理によって、ソフトウェア音源との共存となります。

よって、D/Aコンバータの差によって、楽曲が魅力的に繋がります。


皆さんもぜひハードウェアとソフトウェアの音質の共存を意識して作曲してみてはいかがでしょうか?


JSPA理事:渡部 潤一

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020_1120

【オシレータを持たないシンセサイザー】 こんにちは、JSPA理事の渡部です。 今日は題名の通り、「オシレータを持たないシンセサイザー」についてコラムを書いていこうと思います。 「シンセにはオシレータが付いてるでしょ?」そう思うはずです。 まずはその前に、外部入力可能なシンセについて記載しておきましょう。 miniI MoogやMS-20などは外の音を入力し、フィルターやエンベロープで加工して出力す

2020_1106

監事の角谷です。 今回は現場でのトラブルについて書こうと思います。 30数年前アルバイトでTOPと云う会社に入り社長の藤井丈司さんの機材のトランポをしていました。 何かトラブルがある度、先輩の桐島さんが仰っていた言葉を思い出します。 「俺たちトラブルバスターズだから!」 シンセやエフェクター、ミキサー、PC等なんでも、ノイズが乗る、片Ch.出ない、電源が入らない等なんでも、とりあえず現場で出来るこ

2020_1030

こんにちは、上杉です。 先月に続きましてMIDIのお話しをしたいと思います。 ネットなどでは噂されている「MIDI2.0」。 なんだか凄いらしいとは聞くけど、まったく全貌がわからず・・・というかたも多いのではないでしょうか? それもそのはず、「MIDI2.0」に対応した製品が一般に出回っていないからなのです。 もちろん、「MIDI2.0 Ready」としていつでも対応可能ですよ!!! なんて製