• 上杉尚史

2020_1218

さて、MIDI2.0お勉強の時間です(笑)


今回はMIDIチャンネルのお話しをしたいと思います。


ご存じの方も多いと思うのですが、MIDIにはチャンネルという概念があって、同じノートデータでもチャンネルが合っていないと受信しない・・・

というかチャンネルを分けると同じドの音を出す命令を送っても、Aのシンセサイザーで鳴らすかBのシンセサイザーで鳴らすかを切り換えることができるのです。

これによってアンサンブルができるので、1チャンネルはピアノで・・・2チャンネルはベースで、10チャンネルはドラムで・・・といった使い方をしてDTMが実現しています。


現状DAWでトラックを分けて、トラックごとにソフトシンセをアサインすれば個別に鳴るのですが、KONTAKTのようなソフトシンセで一つのKONTAKTに複数の音源を読みこんだ場合には、

このMIDIチャンネルの設定が活きてくる場合もあります。


それはさておき、MIDI1.0ではこのMIDIチャンネルが16チャンネルあったのですが、MIDI2.0ではどうなったのでしょうか???


正確な表現としてこれが正しいのか微妙なんですが、チャンネルは16のままなんです。


なーんだ、そこ進化してないの???

と言われそうですが、


MIDI2.0ではgroupという機能が備わっていまして、これが16グループあります。


なので、16チャンネル×16グループとなり、256チャンネルを扱えることになっています。


コンピューターにUSBケーブルなどで接続するMIDIインターフェースで、ポートと呼ばれるMIDIチャンネル16チャンネル分を数系統出せる機器があると思うのですが、

まさにそれと同じ様な仕組みになっています。


大人の事情なのかもしれませんが、MIDIチャンネルを表すビット(現状は4ビット)を増やしてしまうと、MIDI1.0との互換性の面で面倒なことになるので、group制を取り入れたって感じですね。


ハードウェアをコントロールする上では欠かせないMIDIチャンネルの仕様ですが、とりあえず16倍に増えたよ~


という感じで覚えておいて下さい。


本日はここまで・・・

また次回にお会いしましょう!


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【リズムマシン?シンセサイザー?】 こんにちは、理事の渡部でございます。 今日は私が所有している機材についてお話をしていこうと思います。 私は普段、ハードウェア機材を使用して制作をしています。 その中で「リズムマシンでこれは絶対に外せない!」という機材があります。 elektron社製のMACHINEDRUMです。 2001年に発売されたこのリズムマシン、なぜ未だに使っているのか? MACHINE

<トラブル回避&「俺のポチり道」> こんにちは、JSPA理事浅田祐介です。 実はこちらのコラム、前回一回飛ばしてしまい申し訳ありませんでした。 一言で言うとまさに「トラブル発生(汗)」。今回は言い訳も含めことの顛末を説明させていただき、皆様にはぜひこういうトラブルを回避していただきたく共有させていただきます(笑)。 うちは作家事務所をやっており、作家がそれぞれ違うDAWを使っているのですが、外部

<映画「稲村ジェーン」のレコーディング現場> サザンオールスターズのデビュー記念日に映画「稲村ジェーン」のDVD、Blu-rayが発売されます。今までLDとVHSで販売されましたがDVD、Blue-ray化はされておらず配信もありませんでした。 監督桑田佳祐、サントラのレコーディングに参加しました。 初めての桑田さんとの仕事でした。 先ずは挿入歌のレコーディング、何曲か既に始まっておりました。 そ