• 氏家克典

2021_0319

<minimoogについてのお話し>


氏家です。

minimoogは私にとっては守護神のような存在で、ファーストシンセでもあります。


忘れもしない大学3年の秋。私はすでにプロ活動もしながら、シンセサイザー・キーボード教室の講師として都内のヤマハ吉祥寺店(今はない)、島村楽器本八幡店、シブヤ楽器(大井町)にて、ヤマハが運営するシンセサイザー・キーボード教室の講師として派遣されていました。ヤマハの各店舗(渋谷、池袋、吉祥寺)にはminimoogが展示してあって(当時はヤマハがmoog製品の輸入代理店だった)当時の値段で45万円と大卒初任給の3倍以上の価格です。当然じっくり時間をかけて試奏しまくりましたね。渋谷店と池袋店のminimoogは木目がきれいで見た目にグッときましたが、吉祥寺店のminimoogがダントツに音圧と深みがあって悩みましたが、結局吉祥寺店のminimoogを選びました。信じられないかもしれませんが、当時のプロダクツはそのくらい個体差がはっきりしていたのです。そのminimoogは今でも完璧に動いていて(ピッチベンドの狂いはあるが)、ライブにレコーディングに大活躍しています。

その私の極上minimoogはコチラ

<MOOG minimoog #1 Demo&Review>

https://www.youtube.com/watch?v=2xsHN3NTyk0&t=3s

<MOOG minimoog #2 Demo&Review>

https://www.youtube.com/watch?v=j5d0O8Sr_Vw


2年ほど前に本家Moog Musicから「minimoog model D」が復刻して発売されました。その時の比較ムービーがこちらです。↓

<Minimoog Model D Demo & Review>

https://www.youtube.com/watch?v=_kE-cPTQYj0

いかがでしょう。minimoogにMIDIやUSB、そして独立したホイール用のLFOまでついて、値段も当時のまま。


そして多くのメーカーからソフトシンセ化されています。

衝撃的だったのはARTURIAの「miniV」ですね。

これも私の実機と比較したのがコチラです。↓

<Arturia miniV2 Demo&Review>

https://www.youtube.com/watch?v=xZPM2NXYhrU

バーチャルアナログ系ソフトなので、如何様にもアレンジでき、ポリでの演奏はもちろん、エフェクターやVOWELフィルター、モジュレーションマトリックスまで組めるという優れもの。もちろん音も肉薄しています。


<UVI UltraMini>

https://www.youtube.com/watch?v=pegNiHUk_rA&t=237s

実機の回路に忠実に再現するために膨大なサンプルをオシレーターに使用していて、モデリングフィルターとエフェクトによってDSP処理されています。


<GFORCE MINIMONSTA>

https://h-resolution.com/product/minimonsta/

音のパンチ力で見るとこのminimonstaはかなり優秀です。特にリアルタイムコントロールのためのパフォーマンスセクションは演奏表現にかなり役立つでしょう。


ハードウエアもminimoogのエミュレーションが増えてきました。

ベリンガーの「MODEL D」は、そのコスパはもちろん、音もしっかり再現されていたのに驚きました。

https://www.behringer.com/product.html?modelCode=P0CQJ


さらに発売された「POLY D」は4音ポリフォニックにまで増強され、エフェクトやステップシーケンサーも追加されています。

https://www.behringer.com/product.html?modelCode=P0D9J


最近では、1972年製のminimoogを忠実にモデリングした、Softubeの「Model 72 Synthesizer」も話題で、1972年のハードウェアユニットを細部に至るまでモデル化したコンポーネントで、すべての癖や非線形性をそのままに、原始的な状態で再現されているとのこと。

https://www.mi7.co.jp/products/softube/model-72-synthesizer-system/


ユニバーサルオーディオでもDAW「LUNA」で使用できるプラグインシンセ「MOOG MINIMOOG」を出しました。こちらは本家Moog Musicとのパートナーシップによって開発され、Universal Audioの業界をリードするサーキットモデリング、シンセシス、シグナルプロセッシングの専門知識を活かして、オリジナルハードウェアのあらゆるニュアンス、不規則性、偶然性を徹底的にキャプチャーしているとのこと。

https://www.uaudio.jp/luna/instruments-extensions/moog-minimoog.html


このように、minimoogはシンセサイザーの代表として今でもハード、ソフトの両方で君臨しているのです。

でも……やはり、私の愛機が一番いいのだ(^^)/


氏家克典

www.sitekatsunoriujiie.com

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【リズムマシン?シンセサイザー?】 こんにちは、理事の渡部でございます。 今日は私が所有している機材についてお話をしていこうと思います。 私は普段、ハードウェア機材を使用して制作をしています。 その中で「リズムマシンでこれは絶対に外せない!」という機材があります。 elektron社製のMACHINEDRUMです。 2001年に発売されたこのリズムマシン、なぜ未だに使っているのか? MACHINE

<トラブル回避&「俺のポチり道」> こんにちは、JSPA理事浅田祐介です。 実はこちらのコラム、前回一回飛ばしてしまい申し訳ありませんでした。 一言で言うとまさに「トラブル発生(汗)」。今回は言い訳も含めことの顛末を説明させていただき、皆様にはぜひこういうトラブルを回避していただきたく共有させていただきます(笑)。 うちは作家事務所をやっており、作家がそれぞれ違うDAWを使っているのですが、外部

<譜面は紙派?アプリ派?> みなさん、譜面ソフトって使ってますか?? 譜面ソフトを使うと言っても、他の人に演奏してもらうために使う場合と、自分で曲を作ったりメモをするために使う場合、大きく分けて2種類あると思うので、まずは他の方に見てもらうための話しから‥ まあ自分の場合は、他の人に演奏してもらうと言っても、例えばアレンジをして他の方に演奏してもらう場合、ほとんどはコード譜のみに基本パターンだけ書