• 角谷仁宣

2021_0409

<クリックの話>


クリック、ドンカマと呼ばれ、メトロノームの様に主に一定のテンポで鳴らし演奏の縦軸のガイドになる音です。

カウベルやリムショット、電子音等演奏の邪魔にならず且つ目立つ音が使われます。

ドンカマと云うのは、京王技研(現KORG)が’63に発売したリズムマシンのドンカマチックが語源らしいです。当時はこのマシンの音をガイドにしてたのでしょう。

一般にクリックはテンポ曲調に依って、4分、8分、16分、3連を使い分けたり音色を工夫したりします。


特徴あるクリックが、YMOの使っていたYMOクリックでプロフェット5等で作った「キコココカコココキコココカコココ」と云う16分のクリックです。


初めて担当するアーティストの時はクリックで緊張します。

人により好みがあって、なかなかクリックに使う音が決まらず焦った事があるからです。

また、ライブでのクリックは分かり易い様に工夫します。

オリジナルと進行を変えたり間奏を延ばしたりする事が多いので、うっかり間違えそうな箇所にきっかけになる様に目立つ音を入れたり、そこだけ大きくしたりします。

頭に、カウントの声「ワン、ツー、ワン、ツー、スリー、フォー」の声を用意したりすることもあります。


クリックと演奏の印象に残る一件があります。

10年くらい前になりますが、バンド(ドラム、ベース、ギター、キーボード、ボーカル)でのレコーディングでクリックを使っていました。

Logic 9の頃で、クリックトラックを作ってクリックを出していました。

その頃のLogicはソフト音源トラックも外部MIDIトラックも再生途中で音が出なくなる事がまれにあって、その時も1サビくらいまで行ったところで音が出なくなりましたが、Logicは走っています。

演奏は止まらず、焦りながらそのままにして再生ヘッドを観ておりました。

すると、ピッタリ!、ずーっとピッタリ!、8小節、16小節くらいならそれ程ズレないと思いますが、この時はリイントロ、2A、2B、2サビまで来てもピッタリ、その後間奏が終わってタメのあるキメまで演奏と再生ヘッドは、全くズレませんでした。

クリックは止まったままです。

この時は、プロのミュージシャンのテンポキープ能力にびっくりしました。


JSPA監事 角谷仁宣

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【リズムマシン?シンセサイザー?】 こんにちは、理事の渡部でございます。 今日は私が所有している機材についてお話をしていこうと思います。 私は普段、ハードウェア機材を使用して制作をしています。 その中で「リズムマシンでこれは絶対に外せない!」という機材があります。 elektron社製のMACHINEDRUMです。 2001年に発売されたこのリズムマシン、なぜ未だに使っているのか? MACHINE

「最初に買ったシンセは?」 事務局の天野です。 先月26日に無事総会も終了し、また新たな1年が始まりました。今月初めに理事会も行われ、今年も色々なアプローチでシンセ関連のイベントや配信などが発信、開催されていくと思います。 是非当メルマガや各社サイトなどチェックしてみてください。 さて、音楽制作まわりの思い出話を少々。 オンライン飲み会で、「最初に買ったシンセは?」といった内容の時がありました。

<トラブル回避&「俺のポチり道」> こんにちは、JSPA理事浅田祐介です。 実はこちらのコラム、前回一回飛ばしてしまい申し訳ありませんでした。 一言で言うとまさに「トラブル発生(汗)」。今回は言い訳も含めことの顛末を説明させていただき、皆様にはぜひこういうトラブルを回避していただきたく共有させていただきます(笑)。 うちは作家事務所をやっており、作家がそれぞれ違うDAWを使っているのですが、外部