• 天野 翔

2020_0821

事務局に携わらせていただいて約5年、今回はJSPAの過去と現在について少しですが触れてみようと思います!


自分が事務局に携わらせていただいたのは、事務所が恵比寿から西新宿の芸能花伝舎に移って程なくしてからでした。

当時はシンセフェスタなどのイベントに加え、MIDI検定にも深く関わっておりました。

シンセフェスタは花伝舎で行われておりましたが、内容は現在同様大変濃く、服部先生を拝見したのはこの時が初めてでした、、大変貴重な体験でした。


2016年には花伝舎から浜町付近に移転し、MIDI検定も外部となり大きく動いた年となりました。移転時の梱包作業が懐かしいです(笑)

この辺りからマンスリーワークショップ極、シンセの大学などイベント、セミナー系が強化され、現在の形が一つ出来上がったと思います。

人のDAWを見るのはかなり面白く、興味そそられます、、!


2019年には外苑前の現在の事務所に移りました。コンパクトにはなりましたが現代に見合った形になったのではないかと思います。

今年はコロナの影響もあり理事会もオンライン開催が多く、ついには飲み会までもオンライン、、!

この業界の方々はお酒好きが多いイメージが結構あるので、早く顔を合わせてできる日々が戻ってくることを願うばかりです。。


かなりざっとですが、思い出すとこんな感じです。しかしながらJSPAはもう30数年の歴史があり、それを見てきた多くの先輩方がいらっしゃいます。

そしてかなり色んなことがあったのだろうと思います。

自分含め10〜30代はシンセが大きく発展してきた良き時代を見れなかったので、しっかりと先輩方から学び、

言うなれば「シンセ魂」を今後も受け継いでいかないといけない!とひっそりと思っている次第です。


JSPA事務局:天野 翔

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「最初に買ったシンセは?」 事務局の天野です。 先月26日に無事総会も終了し、また新たな1年が始まりました。今月初めに理事会も行われ、今年も色々なアプローチでシンセ関連のイベントや配信などが発信、開催されていくと思います。 是非当メルマガや各社サイトなどチェックしてみてください。 さて、音楽制作まわりの思い出話を少々。 オンライン飲み会で、「最初に買ったシンセは?」といった内容の時がありました。

<映画「稲村ジェーン」のレコーディング現場> サザンオールスターズのデビュー記念日に映画「稲村ジェーン」のDVD、Blu-rayが発売されます。今までLDとVHSで販売されましたがDVD、Blue-ray化はされておらず配信もありませんでした。 監督桑田佳祐、サントラのレコーディングに参加しました。 初めての桑田さんとの仕事でした。 先ずは挿入歌のレコーディング、何曲か既に始まっておりました。 そ

<クリックの話> クリック、ドンカマと呼ばれ、メトロノームの様に主に一定のテンポで鳴らし演奏の縦軸のガイドになる音です。 カウベルやリムショット、電子音等演奏の邪魔にならず且つ目立つ音が使われます。 ドンカマと云うのは、京王技研(現KORG)が’63に発売したリズムマシンのドンカマチックが語源らしいです。当時はこのマシンの音をガイドにしてたのでしょう。 一般にクリックはテンポ曲調に依って、4分、8